食材を無駄にしないコツ

ボールに入ったあさり潮干狩りに行って大量に持ち帰ったり、知り合いから沢山いただいたりする事もあるあさり。美味しくてみそ汁やパスタ、酒蒸しなどいろいろな料理に使えます。それでも使いきれなくて、結局捨てるはめになってしまうことも多いです。冷凍してみたものの生臭くなったり乾燥してしまったりするんですよね。

しかし、このあさりを美味しさをそのままに、冷凍する事が出来ることを知りました。しかも!美味しさを保つどころか、実は旨みアップにつながるんです。ポイントをしっかり抑えておけば、美味しいアサリを好きな時に好きな量で使えますよ。

まず生臭くならないように、潮干狩りでも買ってきた物でも、「砂抜き」をきちんと行います。一般的に塩水で行いますが、濃度がポイントになります。海水に近い濃度3%で作りましょう。この中にアサリを入れて、必ず容器に何か被せて薄暗くします。そうしないと砂を吐きません。その後、ぬめりを取る為に貝をこすり合わせるようにして水道で洗います。これで下準備は完了です。

冷凍方法は、調理したい物によって変えた方が、より美味しく食べられます。普通に冷凍する場合は、水分をふき取ったアサリを、バットなど平らな容器に並べて冷凍。その後、真空パックの袋に入れて冷凍します。使う時は、そのまま調理する鍋に入れて使います。次に、みそ汁などの、アサリの出汁を生かした料理に使いたい場合です。こちらは洗ったアサリを真空の袋かタッパーに入れて、あさりがひたひたになる位の「氷水」を入れて冷凍。調理の時には、氷水と一緒に鍋に入れます。これらのちょっとしたひと手間で、あさりを美味しく冷凍・調理する事が可能になります。

冷凍保存したことによって半年程はもちますが、より美味しく食べるの目安は1ヶ月ほどです。また、これらの保存方法は「新鮮なうちに行う事」が一番のポイントですので、アサリが手に入り食べ切れないだろうな、と思ったらすぐに準備・保存をしましょう。

食材を無駄にしないコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)