入金用、出金用口座の二つ持ちで給与を貯蓄

たくさんの千円札まず口座を二つ開設します。ひとつは給料が入金される入金用口座。ふたつめは月の支払い等の出金用口座。給料が入金されたら千円以下の単位で切り下げて入金用口座から給料をおろし出金用口座に入金します。(例:給料が28万5千円だったら28万円をおろし5千円を入金用口座へ入れたままにする)

出金用口座に関しては通常通り使用してください。支払うものは支払う。お小遣い等の出費もそこから出します。入金用口座に入金しているお金は確認しないで忘れたことにしてください。無い物として考えるのです。私は存在を忘れるために入金用口座に関しては通帳記入もしないことにしています。もちろん、口座確認もしないで完全に忘れ無い物として考える。
これを徹底します。

これを毎月少しずつやっていって貯金をしています。千円単位での貯金なので毎月としては溜まるお金はバラバラになりますが、だいたい毎月1~9千円は確実にたまっていくことになります。何度も書きますが、重要なコツは入金用の口座については忘れること。これがこの口座二つ持ち貯金の最大のコツです。給料明細に関しては家の方には見せないようにします。

出金用口座に入れた、先ほどの例の場合だと28万円分のみを給与として報告しその範囲内で生活してもらうことです。これを数か月~数年たったころに口座確認するとある程度まとまったお金がたまっていると思います。

もうひとつ、給料日直前あたりの日に一度出金用口座の残高を確認します。出金用口座の残高確認をしてもし残高が余っているようであれば、余っている分をすべて引き出し入金用口座へ入金します。要はあまったお金をさらに貯蓄に回すのです。

ただ、貯蓄に回しすぎてストレスが溜まってしまえば元も子もないと思いますので、給料日前の残高確認の時に半分は自分へのボーナスとしてお小遣いとして使用する。半分は貯蓄に回すといったことをし、ストレスと貯蓄のバランスをとることも長続きさせるうえで重要かと思います。

入金用、出金用口座の二つ持ちで給与を貯蓄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)