恋人へのプレゼントでキャッシング

プレゼントその当時お付き合いしていた恋人の誕生日は2月の初旬でした。

付き合いはじめて3年。大学を卒業してから初めて迎える彼女の誕生日に、以前から欲しがっていたブランド物の財布をプレゼントすることにしました。

社会人を機に親元から離れ、一人暮らしを始めた私は給料も少なく、一年目ということでボーナスもなく、毎月ギリギリの生活をしていました。それでも定期的に貯金をし、僅かながらも貯蓄をしていました。しかし、クリスマスを祝い、お正月には妹・甥っ
・姪っ子たちにお年玉を振る舞い、高校時代の同級生の結婚式に出席しているうちに瞬く間に貯金がなくなりました。

一学年下の彼女はまだ学生で、お互い大学生だった昨年の誕生日はこじんまりと祝ったのですが、一足先に社会人になった私はどうしても今年の誕生日は彼女に好きなものを買ってあげたい気持ちでいっぱいでした。昨年の誕生日に「来年は何でも欲しいものを買ってあげるから!」と、内定を貰った嬉しさも手伝ってついつい見栄を張ってしまった事が、大きな原因の一つでもあります。

私はブランドに余り詳しくなく、彼女が欲しがっている財布の値段がいまいち分りませんでした。ですので、インターネットで調べてみたらびっくり。予想の5倍ほどします。本物かどうかも分らないので、少し安くなっているネットショップで購入することが恐ろしく感じ、正規店で購入することを決意しました。

カードで支払えば良かったのですが、その当時、現金を持たずに高級ブランド店に入店することへなぜか不安を感じていまい、キャッシングを行うことを決意しました。また、誕生日プレゼントを渡す際に食事もする予定でしたので、現金を持っていた方が都合が良いと考えた結果でもあります。

おかげで彼女はとても喜んでくれ、私の肩の荷がおりたという、今では良い思い出です。

恋人へのプレゼントでキャッシング

お金持ちはお金を大切にする人

二つ折り財布私の周りにいるお金持ちな人は決して無駄使いをしません。お金に余裕があるからと言って、次から次へ何かを購入したりするような浪費は決してしません。

例えば食料品でも買ったことをうっかり忘れて同じものを買ってくるとか、うっかり腐らしてしまって捨てるなどということ決してないのですし、目新しい電化製品をすぐに買うこともありません。タクシーなんかもめったに乗りません。

傘を持っていないときに突然激しい嵐のような雨が降り出し、自宅まで歩こうかと思ったのだが、あまりにも雨風がひどかったので泣く泣くタクシーに乗ったという話を聞いたことがあります。こんな話を聞くと、あたかもケチなように思えるかもしれませんが決してそういうことではありません。

普段の生活は質素ですが、自分の好きなものやほんとうに気に入ったもの、心から納得できるものに対しては、惜しみなくお金を使うのです。気に入った高価な絵や家族団らんにぴったりだと感じる暖炉に数百万使ったり、自分の部屋を大好きな映画を観る専用の部屋に改造したりと、使うときはそれこそケチらずに思いっきりお金を使います。

そんな周りのお金持ちの人達を見て感じることは、
なんだなと感じます。そしてお金の使い方がとても上手だなと思います。生きた使い方ができる、そんな姿がとても素敵だといつも感じます。

お金持ちはお金を大切にする人