お金が無いなら公園でデート

公園で過ごすカップル学生時代はお金が無く、当時の彼女とデートすると言えば公園でした。簡単に作ったお弁当と水筒、レジャーシートを持って、暖かい季節だと朝から夕方まで公園で過ごしました。帰りにスーパーで夕方から値下げされた晩ご飯の材料を買って、二人で料理したのは良い思い出です。住んでいた部屋の目の前に広い公園があったのですが、近すぎて彼女が嫌がっていたのでいつも少し離れた公園まで歩いて行っていました。本を読んだり、絵を描いたり、写真を撮ったりと一応は毎回違うテーマを決めて楽しんでいました。弁当のおかずはいつも同じでしたが(笑)

今の時代はスマホや携帯電話などがあるので公園に行っても、当時のようにゆっくりと過ごせないかもしれません。遊具も少ししか無いような小さな公園でしたが、季節の変化が感じられて退屈はしませんでした。雨が降ってきた日にはデートは途中で中止になり、家でテレビを見ていましたが彼女は退屈そうでした。暑い季節や寒い季節もそのパターンになってしまう事が多かったです。やはり彼女はお金を使わなくても二人で出かけたかったんだと思います。ブラブラと散歩だけでも良いですし、いつも同じ公園ばかりでも立派なデートになっていたと感じます。

お金が無いなら公園でデート

食材を無駄にしないコツ

ボールに入ったあさり潮干狩りに行って大量に持ち帰ったり、知り合いから沢山いただいたりする事もあるあさり。美味しくてみそ汁やパスタ、酒蒸しなどいろいろな料理に使えます。それでも使いきれなくて、結局捨てるはめになってしまうことも多いです。冷凍してみたものの生臭くなったり乾燥してしまったりするんですよね。

しかし、このあさりを美味しさをそのままに、冷凍する事が出来ることを知りました。しかも!美味しさを保つどころか、実は旨みアップにつながるんです。ポイントをしっかり抑えておけば、美味しいアサリを好きな時に好きな量で使えますよ。

まず生臭くならないように、潮干狩りでも買ってきた物でも、「砂抜き」をきちんと行います。一般的に塩水で行いますが、濃度がポイントになります。海水に近い濃度3%で作りましょう。この中にアサリを入れて、必ず容器に何か被せて薄暗くします。そうしないと砂を吐きません。その後、ぬめりを取る為に貝をこすり合わせるようにして水道で洗います。これで下準備は完了です。

冷凍方法は、調理したい物によって変えた方が、より美味しく食べられます。普通に冷凍する場合は、水分をふき取ったアサリを、バットなど平らな容器に並べて冷凍。その後、真空パックの袋に入れて冷凍します。使う時は、そのまま調理する鍋に入れて使います。次に、みそ汁などの、アサリの出汁を生かした料理に使いたい場合です。こちらは洗ったアサリを真空の袋かタッパーに入れて、あさりがひたひたになる位の「氷水」を入れて冷凍。調理の時には、氷水と一緒に鍋に入れます。これらのちょっとしたひと手間で、あさりを美味しく冷凍・調理する事が可能になります。

冷凍保存したことによって半年程はもちますが、より美味しく食べるの目安は1ヶ月ほどです。また、これらの保存方法は「新鮮なうちに行う事」が一番のポイントですので、アサリが手に入り食べ切れないだろうな、と思ったらすぐに準備・保存をしましょう。

食材を無駄にしないコツ

早期リタイアを目指してコツコツ貯蓄

ビジネスマンとお金のイメージ私は嫁さんと2歳の子どもの三人家族。私自身30歳手前ですが有難いことに良いお給料をもらっております。でも正直働くことは嫌いです。平日の昼間、外はとても晴れて気持ちの良い時間が流れているのに、オフィスの殺風景とした中で黙々と仕事をして、外の景色も知らずに生きていくことがもったいないと思っています。

60歳で定年し退職金をもらって老後生活を楽しむといっても、元気に動き回れるわけでもなく、そんなことを想像すると働くことが億劫になって仕方がありません。今の仕事はやりがいはありますが働き続けるということはまた別の問題です。

私は40歳までに何とか1億円を貯めて、その頃日本の株価が低迷していれば7000万円分くらい配当金目当てで購入し年間200万円前後の手取り配当金収入で生活をしようと考えています。またアルバイトもして月8万円前後もらえば、そんなに不自由ない生活ができると思っています。

それまでに株の銘柄を決め、今の間にその銘柄の状態をしっかり把握し、絶対に長期安定した会社であることを確認することに勤めています。嫁もそんなに贅沢する柄ではないので順調に昇進昇格を重ねて、無駄遣いをしなければ子どもの学費を除いても1億円40歳までに貯められると計算しています。

早期リタイアを目指してコツコツ貯蓄