手を出したキャッシングで気づいたら限度額!

青ざめた人消費者金融にお金を借りるきっかけとなったのは、毎月のクレジットカードの支払い分ができなくなったからでした。自分の使い過ぎが原因で払えなくなったので親にも言えず、とりあえず今だけと思い「収入がバイトでもお金借りられるもんなのかなぁ」と軽い気持ちで、無人契約機に申し込みに行きました。

最初に借り入れできたのは10万円ほどで、クレジットカードの支払い分だけ借りるつもりでした。支払いが終わると自分が暮らすお金がないので、また消費者金融から1万円くらいだけなら…と結局気がついたら限度額いっぱいになるまで使っていました。

比較的簡単にお金が手に入るので、自分のお金が増えたような気になっていたと思います。そうなると、限度額いっぱいになったところに2万円返しても利用可能額は1万円くらいにしかならないので、その1万円をまたすぐ借りて使う…を、どんどん繰り返していました。

そうなればもちろんその2万円の返済能力もすでにないので、さてどうするか。

当然のように、日雇いバイトより簡単にすぐお金が手に入る、さらに違う消費者金融に借り入れを申し込むことに。

他の消費者金融も、他社からの借り入れがあるにもかかわらず貸付可能となり、また私の借金は増えることとなりました。消費者金融の中には、仕事欄を故意に書き換えさせてまで、貸付限度額を増やそうとするところもあり、「限度額の上限を上げますので契約書を書き直しに来てください。」と、電話も来ました。

終わりの見えない借金返済に追われていた私は、喜んですぐ契約書を書き換えに行きました。アルバイトから正社員に虚偽の申告をして限度額がどんどん上がっていき、さらに借金は増えました。

そうやって自転車操業的に積み上げた借金は、最終的には400万超えになっており、結局は自己破産せざるをえませんでした。いま思い出しただけでも恐ろしい話です。

大きすぎる勉強代でしたが、その後はお金の大切さもわかるようになり、コツコツとお金を増やしていっています。

手を出したキャッシングで気づいたら限度額!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)