田舎町はお金がかかる。駐輪場から新幹線

自転車私が以前住んでいた街は田舎でのほほんとした場所でした。駅のホームは1つしかなく、電車は3両。そんな駅の駐輪場はもちろん無料。それとなくスペースがあるだけで空いているところに早い者勝ちで置いていくという感じでした。

あまりにもゆるい感じだったので自転車が盗まれたこともありましたが、このゆるさがわたしにはちょうどよかったような気がします。ですが夏休みで職場にしばらくいかない間に、駅はまるで変わってしまったのです。

そう、駐輪場が有料になっていたのです。1日100円。1回ロックしてしまうと解除するのに100円かかります。無料でいられる時間帯は20分のみ。20分なんかで行って帰ってこれるところに自転車なんか置かないでしょ!と内心思っていました。ですがその駅を利用しないわけにはいかなかったので毎日100円で駐輪場を使用していました。

ある日、早めに駅に着き、ゲームをしながら待っていました。乗り換えの駅に着いた時にわたしは忘れ物をしたことに気づきました。(そこまでは定期券内)絶対に必要なものだったので急いで引き返しましたが田舎なのでなかなか電車が来ません。20分なんてとっくに過ぎてしまい、100円払って再度家に。さらにまた戻って駅へ。鈍行でいく予定でしたが、間に合いそうになかったので、新幹線を使わざるを得なくなりました。この日は予想外の出費だらけで凹みました。でも間に合ったので時間をお金で買ったことにします。

田舎町はお金がかかる。駐輪場から新幹線