ホストクラブで高価なシャンパンをたくさん飲んでました。

ワインボトルお酒が大好きで、その当時はまっていたホストクラブでシャンパンなど高価なお酒をたくさん飲んでしまいました。

一括では払えない金額だったので売りかけにしてもらっていました。ですが支払期限までにお金が集まらなくてすごい焦っていた私は、足りない金額のちょうど10万キャッシングで借りました。即日でカードを作れてすぐお金を借りられたので安心したのを覚えています。そのお金で払い終わったらもう、自分の稼げる範囲以上のお金を使って遊ぶのはやめよう。と誓いました。実際にそれからは、新たな借金はしてません。

その時は水商売という仕事柄カードを作るのが大変だったのですが、店に在籍確認をしてもらったりしてなんとかアイフルでカードを作ることができました。毎月無理のない返済額だったので余分に返済できる月もありました。アイフルは店舗も多く、コンビニでも返済できるのですごく助かりました。

借金をしたことが友達や家族にバレないかすごくひやひやしましたが、バレることなく完済できたときはすごくホッとしました…。今では借金をするのが怖くてスーパーで買い物をするのにもスマホの電卓機能を使って計算したり、値札を見ずに欲しいものをどんどん買う癖をなおしたりして少しずつ貯金をしています。

借金が消えるだけで心に余裕が生まれ、仕事中に、お金のことばかり考えたりすることがなくなりました。いまは子供も生まれて母親なので子供のためにも沢山貯金したいと思っています。

ホストクラブで高価なシャンパンをたくさん飲んでました。

手を出したキャッシングで気づいたら限度額!

青ざめた人消費者金融にお金を借りるきっかけとなったのは、毎月のクレジットカードの支払い分ができなくなったからでした。自分の使い過ぎが原因で払えなくなったので親にも言えず、とりあえず今だけと思い「収入がバイトでもお金借りられるもんなのかなぁ」と軽い気持ちで、無人契約機に申し込みに行きました。

最初に借り入れできたのは10万円ほどで、クレジットカードの支払い分だけ借りるつもりでした。支払いが終わると自分が暮らすお金がないので、また消費者金融から1万円くらいだけなら…と結局気がついたら限度額いっぱいになるまで使っていました。

比較的簡単にお金が手に入るので、自分のお金が増えたような気になっていたと思います。そうなると、限度額いっぱいになったところに2万円返しても利用可能額は1万円くらいにしかならないので、その1万円をまたすぐ借りて使う…を、どんどん繰り返していました。

そうなればもちろんその2万円の返済能力もすでにないので、さてどうするか。

当然のように、日雇いバイトより簡単にすぐお金が手に入る、さらに違う消費者金融に借り入れを申し込むことに。

他の消費者金融も、他社からの借り入れがあるにもかかわらず貸付可能となり、また私の借金は増えることとなりました。消費者金融の中には、仕事欄を故意に書き換えさせてまで、貸付限度額を増やそうとするところもあり、「限度額の上限を上げますので契約書を書き直しに来てください。」と、電話も来ました。

終わりの見えない借金返済に追われていた私は、喜んですぐ契約書を書き換えに行きました。アルバイトから正社員に虚偽の申告をして限度額がどんどん上がっていき、さらに借金は増えました。

そうやって自転車操業的に積み上げた借金は、最終的には400万超えになっており、結局は自己破産せざるをえませんでした。いま思い出しただけでも恐ろしい話です。

大きすぎる勉強代でしたが、その後はお金の大切さもわかるようになり、コツコツとお金を増やしていっています。

手を出したキャッシングで気づいたら限度額!

恋人へのプレゼントでキャッシング

プレゼントその当時お付き合いしていた恋人の誕生日は2月の初旬でした。

付き合いはじめて3年。大学を卒業してから初めて迎える彼女の誕生日に、以前から欲しがっていたブランド物の財布をプレゼントすることにしました。

社会人を機に親元から離れ、一人暮らしを始めた私は給料も少なく、一年目ということでボーナスもなく、毎月ギリギリの生活をしていました。それでも定期的に貯金をし、僅かながらも貯蓄をしていました。しかし、クリスマスを祝い、お正月には妹・甥っ
・姪っ子たちにお年玉を振る舞い、高校時代の同級生の結婚式に出席しているうちに瞬く間に貯金がなくなりました。

一学年下の彼女はまだ学生で、お互い大学生だった昨年の誕生日はこじんまりと祝ったのですが、一足先に社会人になった私はどうしても今年の誕生日は彼女に好きなものを買ってあげたい気持ちでいっぱいでした。昨年の誕生日に「来年は何でも欲しいものを買ってあげるから!」と、内定を貰った嬉しさも手伝ってついつい見栄を張ってしまった事が、大きな原因の一つでもあります。

私はブランドに余り詳しくなく、彼女が欲しがっている財布の値段がいまいち分りませんでした。ですので、インターネットで調べてみたらびっくり。予想の5倍ほどします。本物かどうかも分らないので、少し安くなっているネットショップで購入することが恐ろしく感じ、正規店で購入することを決意しました。

カードで支払えば良かったのですが、その当時、現金を持たずに高級ブランド店に入店することへなぜか不安を感じていまい、キャッシングを行うことを決意しました。また、誕生日プレゼントを渡す際に食事もする予定でしたので、現金を持っていた方が都合が良いと考えた結果でもあります。

おかげで彼女はとても喜んでくれ、私の肩の荷がおりたという、今では良い思い出です。

恋人へのプレゼントでキャッシング