変則先取り貯金でストレスフリー

開いた通帳のイラスト30代夫妻+3歳児の3人家族です。結婚当時から、家計管理は妻担当。ちなみに主たる収入は妻、夫は扶養範囲内の兼業主夫という構成です。

妻の独身当時からの家計管理の方法で、生活費専用の口座と貯蓄専用口座と分け、収入が入った時点で、1ヶ月ゆとりをもって生活できるなという設定金額になるように、生活費専用の口座の残高を調整し、差額を貯蓄用口座に入れています。

王道の先取り貯金で一律○万円で先取りしてしまうと、途中残高が足りなくなり、結局、貯蓄用口座から引き落としてしまうという可能性があり、挫折感から結局その先の貯金が続かない・・・・という予感があったので始めた方法ですが、この方法だと生活費口座の中であれば使い切ってもOK!という気持ちのゆとりがありストレスフリーです。

今のところの臨時出費は冠婚葬祭くらいです。冠婚葬祭程度の臨時出費であれば対応できる額に設定しています。何十万という出費は貯蓄口座から引き落としています。

欠点は先月の生活費の使い方によって、貯蓄額にばらつきが出てしまうこと。いつまでにいくら確実に貯める目標があるなら先取り貯金がおすすめですが、そもそも貯める習慣がないような方の導入などには良い方法かもしれません。

変則先取り貯金でストレスフリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)