捨てずにお酒のおつまみに変身!

大根普通は生ゴミとして捨ててしまうもので、もう一品夫のお酒のおつまみを作るという節約をしています。ゴミも減るうえに、今まで購入していたスルメや塩辛などやおつまみの材料を追加で買わなくなったので、月に5000円ほど食費が安くなりました。

【野菜の皮で、栄養たっぷりおつまみ】
大根や人参の皮を残しておき、みりんと砂糖醤油と七味できんぴらを作ります。皮は栄養があり、歯ごたえもあり好評です。

【おろした魚の骨をおつまみに】
魚を三枚におろした時の骨に、少し塩をふり小麦粉をまぶして少ない油で揚げます。
カリカリしていてカルシウムもたっぷり、おつまみに最高です。

【えのきの石づき部分を高級おつまみに 】
今まで捨てていたえのきの石づき部分を、黒い根元部分だけを切り残りの部分を、ニンニクとオリーブオイルで焼き、醤油で食べます。貝柱のような食感と味で、高級なおつまみになります。

【ブロッコリーの芯とキャベツの芯でピクルスを】
固くて捨ててしまう部分も、薄く切って便利酢につけるだけでピクルスになります。酢につけるので、冷蔵庫で保存すると1週間はもちます。常備おつまみとして常に冷蔵庫にこのピクルスが入っています。
今まで購入していたおつまみ代金が節約でき、生ゴミも減り、一石二鳥です。

捨てずにお酒のおつまみに変身!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)