社会人になりたての若い女性を狙う詐欺

化粧品のボトル私が社会人なりたてのころ、学生時代からの友人が、副業しないか?という誘いがありました。社会人なりたてで、景気も悪かったため、お給料は微々たるもので、一人暮らしをしたかった私は、少しでも多くお金を稼ぎたく、友人の話にのりました。

待ち合わせをして話を聞くことにしたのですが、待ち合わせ場所には友人の上司らしいスーツの男の人がいて、私と友人と三人で喫茶店にいきました。そこでみせられたのが、世の中の化粧品はどれほど、体に有害かということが書いてある本でした。そこから商品の説明に入り、そこの会社が販売している化粧品というのは値は張るが、体にも環境への有害物質が入っていなく、とてもいいものだから、これを友人に紹介して欲しいという話。

まず自分で一式その化粧品を購入し、その商品を自分の友人に売るという流れでした。その一式の化粧品の代金はすごく高額で私にはとてもだせない額でした。そこで友人の上司が出してきたのが、某貸金業者の書類でした。ここでお金をかりて購入できるというものでしたが、私はこれは詐欺だと思い断りました。するとその上司は豹変し、友人ならそれくらい協力してあげろの一点張りでした。

友人も助けてはくれず、私は逃げるように帰りました。ネットで検索すると、やはり詐欺ということがわかりましたが、友人は信じきったまま、他の友人たちに勧め続けていました。その友人とはもう連絡はとっていませんが、もうそれが詐欺だって気づいているのか少し気にはなります。

社会人になりたての若い女性を狙う詐欺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)