燕市への二度目のふるさと納税

タンブラー最近のことですが、燕市にふるさと納税をしてタンブラー2点セットを頂いたことがあります。納税額は2万円でした。以前にも燕市にふるさと納税をさせていただき、上質なカトラリーセットをもらったことがあります。

5万円の納税でしたが、予想以上にいいお品をいただき、正直「5万円でこんなに良いものをもらえるの?」と思ったものです。今回タンブラーセットをもらったきっかけは、私が家事をしている最中、なぜか次々にコップを割ってしまったことでした。

あまりにもたくさん割ってしまったので、最近よく見かけるゴムでできたコップでも買おうかと真剣に主人と話し合っていたところ、急に主人が「割れないコップといえば、金属製のタンブラーを燕市で作っていたはずだよ?」と言い出しました。

ネットで調べてみると確かに2点セットのタンブラーが返礼品としていくつも紹介されていました。その時主人と私がともに気に入ったのは納税額2万円の返礼品でした。コップ2つに2万円かあ、とためらう気持ちもありましたが、前回のカトラリーの質の良さを思い出し、決断しました。

ほどなくして我が家に届けられたタンブラーは手に持つと程よい重さが感じられ、口をつけるところが薄くて上品なものでした。二重ロックタンブラーというらしく、その構造のためか冷たいお茶を注いでも水滴がほとんどつきません。何よりその外側の光沢が本当にきれいです。

これもカトラリーと同じく、職人さんに大事に磨かれたんだろうな、と思います。他にもまだコップはいっぱいあるのに、ほとんどこれしか使わないくらいお気に入りになりました。

燕市への二度目のふるさと納税

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)